忍者ブログ
SPA!という人が書いているブログのようなもの。主な内容は電波ですが、RPGツクールとか、ゲームの縛りプレイ(難度的なものではなく、嗜好的なもの)とか、やりたいことを適当に垂れ流しております。
[277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267
【保健室の死神】
 仕事がこの上なく憂鬱でテンションダダ下がりなので、気晴らしに週刊少年ジャンプにて下位好評連載中である『保健室の死神』を購入した。
 
 最初の1巻だけは某大手古本屋で買ったけれど、ヒャア我慢できねぇのノリで、翌日には2巻以降を新品でまとめ買いしてしまった。
 
 
 以下、通し読みしての雑感。

・乳首加筆されていた件に関して。
 やはり編集部もこの漫画にはそういう方向性を期待しているのだろうか……
 ああ、そういえば昔ぬーベー先生ってのがいましたね。
 あれも時折お色気に走ってたような。


・戦闘シーンがびみゃう。
 病魔との戦闘はほとんど1コマで終ってしまう。(一部長編を除き)
 「咀嚼…完了…」
 
 まぁこの漫画は無理にバトル展開しなくても面白いので個人的にはじぇんじぇん構いませんが、小さな子供のハートをがっちりキャッチするのは難しいのでは。


・病魔の存在がびみゃう。
 初期の頃、「ああ、この漫画終るなぁ・・・」と思った要因のひとつ。デザインもなんだかなぁな感じの上に、出現時の口上が、なんかいかにも取ってつけたような説明臭さがプンプンする。
 
 
・キャラクターは良い。
 ・才崎先生
  ベタだが良い。なんか「もて王」の矢射子姉ちゃんを思い出してしまう。あれほど非常識じゃないけれど。
 
 ・エロリスト 安田
  欲望と妄想に暴走。ベタ過ぎて良い。
 
 ↑この2人がメインで出張ってくるようになってから、「保健室の死神」が面白くなってきたように感じる。個人的には。
 
 ・アシタバくん
  裏主人公で空気の読める凡人代表。特別な能力も何も無いけれど、思慮深さ・洞察力には定評がある。生徒陣の中で、唯一病魔にかかったことのないというのは何かの伏線なのだろうか。
 
 ・シンヤ
  登場時からハデス先生にベタ惚れだったが、その理由は未だ明かされず。残念なことにメインヒロインは既に才崎先生になってしまったが。

 ・三渡川先生
  存在自体が謎過ぎるゴスロリババァ校長。変人度では登場人物の中では群を抜く。結構好きだけど。
 
 ・イブヤケイイチ
  先々週の「俺の考えた新しい武器」「みんなで病魔バスターズ開業」のくだりで、電車の中で吹き出しかけた。
  俺は笑い耐性あんまり高く無いんだから勘弁してくれ。
  
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
保健室、著しく面白くなってきましたよね!
あの「マディ」の作者の作品とは思えないくらい!

あと、個人的には逢魔が刻動物園が好みなのですが、打ち切り最終バトルラッシュに入ったようで悲しいです。
みえるひとと同じルートだよな、これ……
べに 2010/10/25(Mon)22:56:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
(06/20)
(11/07)
(11/03)
(10/16)
(06/19)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.