忍者ブログ
SPA!という人が書いているブログのようなもの。主な内容は電波ですが、RPGツクールとか、ゲームの縛りプレイ(難度的なものではなく、嗜好的なもの)とか、やりたいことを適当に垂れ流しております。
[279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269
【タクティクスオウガ】
 くっそー、デキは色々と微妙なんだけれど、どっぷりハマってしまう。
 俺が信者だからなのか。
 
 何回も途中でやり直して、現在はロウルート進行中。
 今作はロウルートが色々とテコ入れされているような気がする(新キャラやアロセール加入など)けれど、なんか"とってつけた感"は否めない。
 それと、ずいぶんと表現がマイルドになっている気もしなくもない。
 
 ロウルートと言えば、バルマムッサで5000人虐殺するデニムとか、話のわかるオズ様とかそっちのインパクトのほうがどうも強くてナァ…
 スーファミ時代では、よくオーケーが出たもんだ。

 あ、あとロウルートと言えば、きれいなヴァイス君もいましたね。相変わらずの顔芸が健在で何よりだ。

 

 個人的には前作である「伝説のオウガバトル」の再構築を希望。

 タクティクスオウガも、結局はレギュラーキャラだけで進めちゃうから、いろんな仲間を育てる意味が無いのよね。SFC版でいうハボリム先生とか。
 システム的な続編であるFFTなんかは、特にそれが顕著だったようなので、俺はクリアせずに投げてしまった。
 まぁ、使用するキャラだけ育成ってのはSRPGの攻略の基本って言っちゃあそれまでなんだけど。


 でも、"伝説~"はヤバイ。
 特定のユニットのレベルあげすぎるとだんだん暗黒道に堕ちる。コレよコレ。
 そしてエンディングで仲間に刺されるっていう。
 
 それを回避するために、部隊内でレベルやパラメーターを見て編成を考えたり、ローテーション組んだりとかするのが楽しかったわけです。
 控えのユニットにちゃんと意味があるのですな。

 まぁ、おかげでボス戦はタロットゴリ押しに頼らざるを得なかったわけですが。
 

 一部の攻略本が提唱した"死神作戦"は、効率重視過ぎて受け付けられない。
 
 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(06/20)
(11/07)
(11/03)
(10/16)
(06/19)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.