忍者ブログ
SPA!という人が書いているブログのようなもの。主な内容は電波ですが、RPGツクールとか、ゲームの縛りプレイ(難度的なものではなく、嗜好的なもの)とか、やりたいことを適当に垂れ流しております。
[202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ダムゲー】
 PS3新型と同時購入したガンダム戦記。
 
 一通りシナリオモードをクリアした時点でですが、ガンダムゲーとして俺的ベストであった「カードビルダー」の地位は揺らぐことはありませんでした。 
 
 
 ネタバレ成分満載なので、ゲームの感想は記事下部の"戦記ネタバレ感想"からどーぞ。
 期待していたが故に、辛口です。


 
【カードビルダー】
 明日出撃予定デッキ
 
 地上大佐
 
 艦長 コジマ+脱出艇  (降格時はエレドア)
 隊長機 シロー・アマダ    ジム・クゥエル
 2番機 カレン・ジョシュワ  ジム・ストライカー強化型
 3番機 テリー・サンダースJr. ガンキャノンⅡ

 戦後、08小隊を少し暗黒面に近づけてみたデッキ

 
 中佐地上
 
 艦長 イワン・パサロフ
 隊長機 サウス・バニング  ジム・カスタム (クゥエルライフル)
 2番機 コウ・ウラキ    ジム・カスタム (ジムライフル)
 3番機 ディック・アレン  ジム・カスタム (パワジムハイバズ)
 
 トリントン基地に順調にジムカスタムが量産配備されたよデッキ


 俺、ガンダム好きだけどガンダム嫌いなのよ。
 
 

【ガンダム戦記・感想】

 ガンダムモノなので、人が死ぬのは一向に構わないんだけどね。

 30周年記念にしてガンダム7号機という機体を登場させた時点で、それまでの外伝、特に前作のガンダム戦記(=ギャルゲーガンダム)とは方向性を異にして一気にシリアスなストーリーになったのは、まぁ、しょうがないっちゃしょうがない。正史(笑)に組み込まれるわけですから。
 ガンダムのオハナシなんてのは、人を殺されたから殺して、殺したから殺されて、そんなこんなで廻ってるんだと思います。リボーコロニー守る話とか、恋愛モノは別かもだけど!
 
 
 しかしこれはゲームです。
 "仲間を育て、パーツを集め、最強の部隊を作り上げろ!"
 そんなキャッチコピーが発売前に盛んに謳われているのを覚えています。
 
 それなのに、パイロットは強制イベントで死にました。
 


 稼いだ経験値はモドラナイ
 


 あと、機体限定のミッションが多くて、「万全の整備を行う」とか言ってカスタムパーツも武器も全部剥がされちゃ、育成する意味が全く無いじゃないですか。 
  
 機体限定のミッションはやたら難しく、そうでないミッションは楽勝という、おかしなゲームバランスになっていました。

 集めたパーツは意味がナイ
 
 まぁ、その分、遼機を強化できるんですがね。最終ミッションなんか、ラスボス前の前哨戦で無駄弾なんか撃てないので、ほとんど僚機に頑張ってもらいました。

 

 もうひとつ気になるのは、ところどころに散見するシナリオの不自然さ、かな。
 
 連邦編。
・自爆するガウに向かって特攻する主人公
 「人が死ぬのはもう見たくない」といいつつ、あまりに無謀な特攻。PVだけ見れば非常に重要なシーンのように見えますが、フタを開ければあまりに無理やり過ぎ。この隊長は自殺願望を持っているのですか?

・スパイ容疑で逮捕された女パイロットが、なぜか友軍の味方MSパイロットとして何食わぬ顔で参戦。
 スパイは銃殺に処されるって、エルラン中将とジュダックさんが言ってますよ。
 もしこの辺の処遇までもゴドウィン准将が手を回してくれていたなら、ガンダム作中の指揮官でも屈指のナイスガイになるんですけど。


・ジオン軍は一年戦争時にコロニーを落す前に月面マスドライバー基地を占領すべき
 脅しの材料になるくらいの威力があるなら、コロニーを地球に落す必要なかった?
 
・最後、ブランリバルがマスドライバー基地に間に合っている
 無理にガンダムVsゲルググで決着つける必要なかったじゃんか。ラスボスとして必要だったというにはシステム上そうなんでしょうけれど。
 ラスボスは盾構えるばかりで消極的過ぎて、あまりインパクト無し。それよりも要塞の砲台のほうがヤバイ。


 唯一の慰めは27歳にしてヒロインの座を獲得したマオ・リャン少佐の存在でしょうか。



 ジオン軍は、相変わらず嬉々として質量兵器を地球に落すことしか頭になくてワラタ。
 それも身内(ヒロイン的存在)に回想シーンで否定されながら、かの狂信的なテロリストで有名なデラーズ禿閣下にも半ば見捨てられてるのに、作戦を続行するインビジブル・ナイツの皆々様には頭が下がります。
 主犯のエリク氏の最後の台詞は無駄に厨二っぽくてかっこいいのですが、この作戦を完遂させる目的や価値などが、なんら無意味であったという結末は、むしろ無意味であったことに意味を見せたかったようななんかそんなカンジで。
 えーと、滅びの美学?
 
 

 
 クリア後にネットで情報を集めた結果、どうやらオンラインモードがこのゲームのメインらしいです。
 
 でも、アレックスとかケンプファーとか、極一部の強機体かつ強武装じゃないと対戦じゃお話にならないとかって……
 
 
 この仕様は、全国のジムスキー・ザクスキー・アッガイスキー・ガンキャノン量産型スキー他諸氏の皆様から非難轟々となりますでしょうに。
 
 そりゃ、機体の性能はザクでガンダムに勝てるわけありません。だからそれを補うためのコスト制なりなんなりっていうシステムが、戦場の絆やVSシリーズ・そして俺的神ゲーのカードビルダーで確立されているのにもかかわらず、強MS・強武器・強パーツを装備したモンが勝ち。…って、俺の怒りは有頂天になって留まる所を知らない

 
 あと、バーニィさんが乗るモビルスーツが無いみたいなんだけど……
 
 ビルダーで猛威を振るったせいですか。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もし明日出撃したら
マッチングすることを祈ってるよ・・・。
kebin 2009/09/12(Sat)01:39:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
(06/20)
(11/07)
(11/03)
(10/16)
(06/19)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.