忍者ブログ
SPA!という人が書いているブログのようなもの。主な内容は電波ですが、RPGツクールとか、ゲームの縛りプレイ(難度的なものではなく、嗜好的なもの)とか、やりたいことを適当に垂れ流しております。
[371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【前回のあらすじ】

帰った!第一部完!


【基本画面】




お、おぅ……
なんか安心する画面ですね。

ここでコマンドを選択して、
学力とか容姿とかのパラメータを上げたり、
女の子に電話かけてデートの約束を取り付けたりすることができます。


小学生編とか予期せぬ回り道もありましたが、
いよいよ本編スタートです!!






【男友達】

まずは知り合った側近野郎どもを紹介します。




(左)穂刈 純一郎 ・・・メガネ
(右)坂城 匠 ・・・ショタ

メガネのほうは名前の通り「純」な性格らしいのですが、
もう一人のショタのほうは、
可愛い顔してなんとも「腹に一物」もってそうな感じです。




ショタ君は、女の子の情報の提供をしてくれるとのことですが、
裏切りのntrイベントが無いとも限りませんので、注意が必要でしょう。






【ファーストコンタクト】

最初の週のある日、
光から親友の「水無月琴子」さんを紹介されました。




なんというか要求ハードルがことごとく高そうな委員長タイプで、
影では「氷の微笑女」とか呼ばれてそうですね。特に髪の色とかヤバイ。











ご覧ください、この養豚場の豚を見るかのような冷たい目つきを。

「かわいそうだけど3年後の卒業式には

 進路も決まらず一人で途方にくれる運命なのね」

ってかんじの!




ブルブルガクガク、
はやくも琴子さんは私の中でドSキャラに認定されました。
(ファンの人ごめんなさい)
今の太臓君(主人公)の貧弱なステータスでは、
こういうまじめが垂直倒立して服着ているようなタイプの子は
まるっきり相手にしてもらえないでしょう。

もっとも、太臓君の性格上、エッチでだらしない女の子が好みだと思うので、
いったん琴子さんとは距離を置いておくことにします。





【そして日常へ】


ステータスを上下させる画面は3Dモデルへ。
PS時代を感じさせるポリゴンです。






こちらはクラブ活動を選択する画面。




いろいろと部活があり、入部することで
新しい出会いが待っているのでしょう。

太臓君は、かつてドキドキ学園高校では生徒会長をやっていたこともあるので、
今回の高校生活でも生徒会に入ることにします。


生徒会長になったら新しい校則を作って
女子の体育の授業はブルマー着用」を義務としたいところですね。








雨の日には、ショタくんと一緒に仲良く下校。




…ほら、前作では伊集院ナントカとかいう男装の麗人がいたことですし、
もしかしたらこのショタくんも、実はおにゃのこかもしれないという展開も
容易に想像できるじゃないですか。


逆のパターンとして考えられるのはアッー!な仲になる展開。
ときめもの続編でガールズサイドとかいう
乙女ゲーっぽいもの(偏見)を出していたので、
そちらの可能性も微粒子レベルで存在するわけですわよ。


とりあえず、登場するの女の子の情報を知っているとのことなので、
前作でいう好雄のポジションに相当することは間違いありません。
仲良くなっていつでも女子の個人情報を聞きだせるようにしておきます。





【生徒会長・登場】

生徒会に入ってしばらくした後のこと。


登校を急ぐ太臓君の前に、
何やら特撮ヒーローもののBGMが聞こえてきました。
さらには、どこかで聞いたことがあるような前口上も。




天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ!
 悪を倒せと俺を呼ぶ!









このちびっこが生徒会長だと……?




このがっこうのしょうありがしんぱいだ


PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
(06/20)
(11/07)
(11/03)
(10/16)
(06/19)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.