忍者ブログ
SPA!という人が書いているブログのようなもの。主な内容は電波ですが、RPGツクールとか、ゲームの縛りプレイ(難度的なものではなく、嗜好的なもの)とか、やりたいことを適当に垂れ流しております。
[297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【家から歩いて5分のところ】
 
 雨降りの朝、駅に向かおうと歩いている途中、一羽の大きなカラスと出会う。
 そいつはゴミ収集所に積まれているゴミ袋に頭を突っ込んで、ガサゴソとなにやら漁っている。
 

 ---そうか、それがお前の朝飯か。
 

 特に気にすることも無く、その脇を通り過ぎようとした。生ゴミを漁るカラスなぞ、特に珍しくも無い。
 
 
 不意にそいつはキリっと俺を一瞥すると、飛び立つこともなく、軽やかな足取りでチョンチョンと車道側に降りていった。
 
 ちょうど俺に道を譲るような感じで。
 そして三度だけ、小馬鹿にしたようにカァカァカァと鳴いた。
 
 
 ---大丈夫だ。俺はお前の飯のジャマをするつもりもない。だから、俺の出社のジャマをしないでくれよ?
 
 俺はそいつの存在に何も気づかなかったかのように振舞い、歩みを進めた。
 

 ふと、奇妙な感覚を覚えた。
 俺は食うために仕事する。こいつは食うためにゴミ収集所を漁る。俺は仕事場に行くために電車に乗り、こいつはその黒い翼で自由に空を飛んでいく。
 

 なんだ、大して変わらんではないか。
 

 少しだけ歩いてチラリと後ろを振り返ると、テカテカと光る真っ黒な羽毛が相変わらずビニール袋の中でもぞもぞとしていた。
 
 まったく不思議な愛嬌のあるやつらだ。
 カラスの生態なぞ詳しくは無いので、巣とかどこら辺に作ってるのかは知る由も無いが、せいぜい逞しく生きてってくれよ。
 
 

 だが、俺は忘れていないぞ。
 
 半年前、この場所で、お前らの同属に排泄と言う名の空爆を喰らったことを。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
(06/20)
(11/07)
(11/03)
(10/16)
(06/19)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.