忍者ブログ
SPA!という人が書いているブログのようなもの。主な内容は電波ですが、RPGツクールとか、ゲームの縛りプレイ(難度的なものではなく、嗜好的なもの)とか、やりたいことを適当に垂れ流しております。
[343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333
【テラ ファンタスティカ】
 友人から、「マーメイドっぽいキャラが『トマトマト』って魔法唱えてトマト降らせて攻撃するSRPGってなんだっけ?」と尋ねられて、 
 他の友人も巻き込んで悩んだ末にグーグル先生の導きによって答えられた結論は、
 セガサターンの「テラ ファンタスティカ」というドマイナーなゲームであった。
 ※ただしマーメイドは該当の魔法を使用することはできない。
  

 人生、宇宙、すべての答えは「42」。グーグル先生はたいていのことは知っている。


 さて、このゲーム。
 チャプタータイトルやらマップタイトルやらがやたらかっこよく感じて、印象に残ったものだ。
 
・「解放という苦い果実」  苦い果実ってw 
・「再び捧ぐ追憶の迷い花」   無駄に長ぇw
・「夢は帝都の地下に」   流れるような語感w
・「問い そして正しい答え」  マップタイトルに「そして」を入れるセンスw
・「ようこそヒュロンへ」   戦争しにいくのに「ようこそ」www
 

 もっとも、それ以外の、ゲームのメインたるSRPG的なシステムの要素は、かなり的をはずしてしまっていて、結局ゲームクリアまでに至らなかったけれど。とにかくテンポがよろしくない。
 
 似たような中世ファンジーSRPGで言うところのタクティクスオウガもなかなかイカシたタイトル「駆り立てるのは野心と欲望 横たわるのは犬と豚」とかをつけていたけれど、松野ネーミングは色々と元ネタがあるそうな。
 それでも厨ニセンスを昂ぶらせるのは、やはりこれもセンスなのだろう。



【漫画ドラエもんのサブタイトル】

 「しかしユーレイはでた!」
 (てんコミ37巻)
 
 「しかし」って何だよ!と突っ込まざるを得ない、ドラえもんにしては珍しいネーミングであった。ドラえもんは休日泥棒である。


【パトレイバー】
漫画版
 1話「ザ・ライトスタッフ(あっ軽い人々)」
 最終話「THE RIGHT STUFF―正しい資質―」
というセンスも素晴らしいけれど。
 
 個人的にはゲームSFC版の19話、
 レインボーブリッジが爆破されるシチュエーションのステージで
 マップタイトル「虹のかけら」というのも、なかなかにクるものがある。
 

【ガンダム0080】
 「虹」と「出渕」つながりで。
 ガンダム0080のサブタイトルもキュンキュン来てたなぁ。

 厨房どころか消防の時代だよ、おいら。



【仕事】
 あいにく俺の仕事はネーミングを考えることではなく、その仕事は俺の隣の席の人がやる仕事なんだけれど。

 この悔しさは、ツクールにでもぶつけようかと。
 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(06/20)
(11/07)
(11/03)
(10/16)
(06/19)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.